会社概要

経営理念

地球規模の温暖化、異常気象が顕在化する現在を憂慮して、環境負荷のより少ない製品を開発することを通じて社会に貢献して参ります。

経営理念を具現化するために実践していること

1、循環型社会を目指して、これからも再生紙100%のトイレットペーパー、ちり紙を作り続けて参ります。

2、容器、包装の簡略化に取り組みます。無包装製品の推進、ダンボールケースの印刷を簡素化するなど、資源の有効活用に努めます。
外箱をリユースする業界初のシステムをゴミ0の芯なしトイレットペーパーに採用しています。

3、また、循環社会の更なる推進のため、今まで焼却、廃棄物処理されていたものを再資源化し、その先にあるゼロエミッション社会の実現に向けて、先進性のある独自の行動を起こします。アルミ系廃棄物から複数の資源、エネルギーを取り出すことに挑戦しています。
物から再生資源とエネルギーを取り出す事業を展開しています。

会社概要

会社名名古屋製紙株式会社
所在地〒463-0070
名古屋市守山区新守山2202
TEL052-795-7465
FAX052-795-7467
E-mailinfo@genest.jp
業務内容・家庭紙加工、販売及び機密文書処理
・産業用養生紙加工、販売
資本金4,536万円
創立昭和7年11月
役員代表取締役社長 保井 正純
専務取締役   保井左知子
取締役     保井 嘉文
監査役     更科 千鶴

会社経歴

昭和7年11月保井時夫 名古屋市東区矢田町にて「保井製紙所」設立
操業開始
昭和10年2月名古屋市東区大幸町に移転
昭和17年企業整備により現物出資し、「昭和紙業株式会社」設立
初代社長に就任
昭和19年12月戦災により、工場建物消失
昭和24年5月保井製紙所を現物出資し、家庭紙製造メーカー「名古屋製紙株式会社」設立
資本金 600万円
昭和44年資本金4,536万円に増資
昭和48年5月社長 保井時夫死去、保井一好代表取締役就任
平成11年10月火災により工場建物消失
平成12年4月現在地 名古屋市守山区に移転
家庭紙加工、販売及び機密文書処理
平成22年2月社長 保井一好死去、保井正純 代表取締役就任
平成25年9月弊社は、8社の共同出資による合弁会社「アルハイテック株式会社」を設立しました。

関連リンク

アルハイテック株式会社 http://www.alhytec.co.jp/
Copyright(c)    名古屋製紙株式会社   All Rights Reserved.